ジョナサン・アイブ

ジョナサン・アイブ / Jonathan Ive

アップルのインダストリアルデザインナー


概要


ジョナサン・ポール・アイブ(1967年2月27日-)はイギリスのインダストリアル・デザイナー。現在アップル社のCDOとしてインダストリアルデザイングループを統括。

 

MacBook Pro、iMac、MacBook Air、Mac mini、iPod、iPod Touch、iPhone、iPad、iPad Mini、Apple Watch、iOSなど、ハードウェアからユーザーインターフェイスまで、現在の多くのアップル製品のデザインを手がけている。

 

ロンドンにあるデザイン会社「Tangerine」で短期間働いた後、1992年アップルでのキャリアを積むためにアメリカ合衆国へ移住。入社後、世界初の個人用携帯情報端末「アップル・ニュートン」や「メッセージパッド 110」などのデザインを手がける。当時のアイブの上司であるジョン・ルビンスタインはアイブのアップル参加について「会社にとって歴史なこと」と

 

スティーブ・ジョブズがアップルへと復帰した1996年から本格的に参加。インダストリアルデザイン担当上級副社長に就任。以来、世界で最も有能なインダストリアル・デザイナーの1人とみなされている。現在のアップル社で活躍している主要メンバーの中では、エディー・キューとともに数少ないジョブズ以前からのアップル在籍者である。

 

5000以上の特許を取得し、2003年のデザインミュージアム「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」をはじめ膨大な数の賞を受賞している。