Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学

Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学


概要


「Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学」 は2012年5月23日にNHK出版より刊行されたケン・シーガルの著書。スティーブ・ジョブズのもとでアップルの現場にたずさわりクリエイティブ・ディレクターが、「シンプル」というアップルの哲学を主題に10の要素を紹介する。ここでは、その中の1つ「少人数制」を解説する。

少人数制というルール


アップルの最重要ルールのひとつは「少人数制」である。有能な少人数のグループで始め、その規模を守ること

なぜ少人数制なのか


かかわる人間が多くなればなるほど、ブリーフィング(報告や指揮)が複雑になり手間が増えるからだ。少人数グループの原則は、どんな組織であれ質の高い思考を養うのに欠かせないものだ。小さなグループのほうが大きなグループよりも集中できるし、士気も高い

多人数制でもいいところはあるのでは?


多くのビジネスが、重要なプロジェクトほど多くの人を投入するべきだと考えている。頭脳が集まるほど、出てくるアイデアも多くなるという理屈だ。アイデアがたくさん出ることが、よりよい結果をもたらすということは滅多にない。また、数を増やすというのはスタート時のメンバーでは自信が持てないという意味だ。

 

 

有能な人材を探そう


注意点として少ないからといって並の人間揃えては意味が無い。少人数制で重要なのは”有能な人間”を揃えることだ。