ヒラリー・クリントン

ヒラリー・クリントン / Hillary Clinton

女性初の民主党大統領候補


概要


本名 ヒラリー・ディアナ・ローダム・クリントン
生年月日  1947年10月26日
国籍 アメリカ合衆国
政党 民主党
宗教 プロテスタント
学歴

ウェルズリー大学

イエール大学

家族

夫:ビル・クリントン

長女:チェルシー

ヒラリー・ディアナ・ローダム・クリントン(1947年10月26日)はアメリカの政治家。2016年のアメリカ大統領選挙で民主党候補者として選出。2009年から2013年まで67代アメリカ合衆国国務長官。2001年から2009年までアメリカ合衆国上院議員。1993年から2001年まで第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンのファーストレディ。

 

1947年にシカゴに生まれ、イリノイ州パークリッジ郊外で育ったクリントンは、1969年にマサチューセッツ州の名門女子大であるウェルズリー大学を卒業、1973年にイエール法律学校を卒業し法務博士の学位を取得。

 

アメリカ合衆国議会弁護士として務めた後、アーカンソー州に移り1975年にビル・クリントンと結婚。法律学校で教鞭をとる。「子どもと家族のためのアーカンソー支持者」を共同設立。1978年に司法事業推進公社 「リーガル・サービス・コ・ーポレーション」の最初の女性理事を務め、翌年、ローズ法律会社の最初の女性パートナーとなる。

 

ビルがアーカンソー州の知事に当選するとファーストレディ(1979−81、1983-92)を務め、また二期目のクリントン知事のもとで教育制度改革を目的とした教育水準委員会の委員長を務める。1980年ヒラリーは娘のチェルシーを出産。

 

1992年にビル・クリントンが大統領に当選するとファーストレディとなり、また医療保険問題専門委員会の委員長に任命され、国民皆保険制度の導入を推進するが、支持を得られる失敗。クリントンの任期中、「ホワイトウォーター疑惑」や「モニカ・ルインスキー事件」などいくつかのスキャンダルに巻き込まれる。

 

2007年に民主党の大統領候補として出馬するもバラク・オバマに敗れるが、ヒラリーはオバマ政権で国務長官に任命される。2013年に国務長官の職務を一期で退任。多くの国民がヒラリーの退任は、次期大統領選挙への準備をするためと受け止めた。

 

2015年ヒラリーは2016年大統領選出馬を正式に表明。2016年2月にアメリカ合衆国大統領民主党予備選挙で多数の票を集め、2016年7月28日に正式にアメリカ合衆国大統領の民主党候補に選出、副大統領候補にディム・ケインを指名。アメリカの主要な政治政党の大統領候補で初めての女性候補者となった。

 

2016年の彼女のプラットフォームの一部は、所得上昇、医療保険改革、選挙資金制度、ウォールストリートの改革などを上げている。また文書化されていな移民の市民権への交付、LGBTや女性の権利の保護に好意的である。