ブルームバーグ

ブルームバーグ / Bloomberg L.P.

経済・金融専門のソフトウェア


概要


ブルームバーグは経済・金融情報を専門とするソフトウェア会社、総合メディア企業。1981年にマイケル・ブルームバーグが創立。設立時にメリルリンチが30%出資している。本社はニューヨークにある。世界に185の拠点を持ち、社員数は約1万5500人。競合企業はイギリスのロイター。

 

企業や組織の財務データ、株などの経済情報の配信、および分析を行うプラットフォームソフト「ブルームバーグ・ターミナル」を提供しており、このサービスが同社の各事業である。

 

ブルームバーグは設立当初、メリルリンチ専用に債券取引情報を配信する専用端末「マーケット・マスター」を販売し、競合相手に販売しない契約をしていた。しかし1986年に契約を修正し、社名を「イノベーティブ・マーケット・システムズ(IMS)」から「ブルームバーグ」に変更、端末も「ブルームバーグ・ターミナル」に改められて、ほかの会社にも販売を始めるようになった。また1996年から専用端末ではなく、インターネットからアクセスできる「ブルームバーグ・エニウェア」が登場。

 

またブルームバーグは中心事業となるソフトウェア開発だけでなく、通信社の「ブルームバーグ・ニュース」、グローバル放送局の「ブルームバーグ・テレビジョン」、ラジオ放送局の「WBBR」、出版事業として「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」「ブルームバーグ・マーケット」「ブルームバーグ・パースィート」の3冊の雑誌を発行している。

 

2014年には「ブルームバーグ・ポリティカル」を設立し、政治部門専用の通信事業を開始。マーク・ハルパリンやジョン・ヘレマンなどのベテラン政治記者を抱えている。