ニューヨークシティ・メディア

ニューヨークシティ・メディア

グローバルな影響力を持つメディアシティ


世界最大のメディア・コングリマット「NBCネットワーク」の本部はロックフェラーセンターに置かれている。
世界最大のメディア・コングリマット「NBCネットワーク」の本部はロックフェラーセンターに置かれている。

概要


“ニューヨークシティ・メディア”とは、ニューヨークに会社が置かれているグローバルな影響力を持つメディア企業である。ニューヨークは世界で最も重要な新聞社、出版社、レコード会社、テレビ放送局を抱えており、本、雑誌、音楽、新聞テレビ産業の中心都市で、アメリカ国内だけでなく世界中に影響力を与えている。次いでロサンゼルス、シカゴ、トロントが巨大なシティ・メディアとなる。

 

ハースト・コーポレーション、NBCユニバーサル、ニューヨーク・タイムズ・カンパニー、ニューズ・コーポレーション、トムソン・ロイター、タイム・ワーナー、バイアコムなどのメディア・コングロマリットが多数集まっている。世界トップ8のうち7つ広告代理店がニューヨークに本社を置いている。音楽産業では“ビッグ4”と呼ばれるレコード会社の3社が本社、共同本社をニューヨークに置いている。アメリカの自主映画の3分の1が、ニューヨークで制作されている。

 

200以上の新聞社と350以上の一般消費者向け出版社のオフィスが市内にあり、出版業界だけで約2万5千の雇用者が存在している。アメリカにおける三大日刊新聞のうち「ニューヨーク・タイムズ」と「ウォールストリート・ジャーナル」はニューヨークで発刊されている。有名タブロイド誌の「デイリー・ニューズ」「ニューズデイ」「ニューヨーク・ポスト」がニューヨークで発刊されている。

 

さまざまなエスニック・メディア(各民族)も存在しており、40言語以上270紙もの新聞が存在する。ニューヨークで最大のスペイン語日刊新聞は「エル・ディアリオ・ラ・プレンサ」である。また、「ニューヨーク・アムステルダム・ニューズ」はハーレムで発刊されている、アフリカ系アメリカ人向けの新聞である。ヴィレッジ・ヴォイス紙は、規模最大のオルタナティブ紙 (en) である。

 

TV産業はニューヨーク経済において巨大な雇用を創出している。「ABC」「CBS」「Fox」「NBC」のアメリカ4大放送局はニューヨークに本社が置かれている。「MTV」「Foxニュース」「HBO」「コメディ・セントラル」など多くのケーブルテレビ局もニューヨークに本社が置かれている。

 

ニューヨークは非商業メディアの中心地でもある。アメリカ国内の古い公衆ケーブルテレビチャンネル「マンハッタン・ネイバーフッド・ネットワーク」がニューヨークにある。

 

ニューヨークは多くのオンラインメディア企業を抱えている。「AOL」をはじめ、政治経済ブログの「ハフィントン・ポスト」、ゲームやガジェット情報ブログを多数運営する「ウェブログズ」、生活・DIY系コンテンツを配信する「バズフィード」、ギズモードやライフハッカーなどITノマド系ブログを所有する「ゴーカー・メディア」などの本社がニューヨークに置かれている。

 

あわせて読みたい

ロックフェラー家
ロックフェラー家
メディア・コングリマリット
メディア・コングリマリット
世界都市
世界都市